費用は?医学部予備校の利用料金

平均的には300万円から上といったところ

医学部予備校は、大手のものであっても所属するだけなら40~70万ほどの範囲で大体収まっています。これは他学部向けの予備校の場合とも大きく変わるものではなく、例えば国立をメインに検討するというのであれば、総合的な支出はそこまで大きく膨らまないものであるといえます。合計金額は年間300万円くらいから、この条件は通常の授業期間となる平日やその夜間の講義、自習室の利用などといった基本部分に対しての出費になるという点は注意が必要です。最小限の環境が整っていれば、自力でブーストすることが可能であるというような受験生の場合には、必要十分なものとなります。様々なオプションについてはおいおい検討するという形も有効です。

集中講義などは別にかかることも

集中講義や各科目ごとのカリキュラムを加えた形がよくある形式になるので、よくイメージされるような医学部予備校の流れを追う場合にはさらに費用が掛かるという点には注意が必要です。具体的には春季夏季年末年始などの休日に集中して行われる合宿形式の講義、定期的に学力を確認するために行う様々な模試、面談対策や受験直前の追い込みなどには別途足されていくというイメージです。すべてに参加するとなると1000万以上かかってくるというケースもあります。学力によっては奨学生として様々な免除が得られる場合もあり、基礎学力によっても費用は異なってくる場合があるので注意が必要です。寮形式などではさらにかかることもあるので、候補を探したうえで比較検討することが重要です。

通信制高校の中には、医学部の推薦入試や現役合格を目指す生徒のために医学系予備校と連携してサポートする学校もあります。

Copyright © . Medical School Specializing. All Rights Reserved