医学部の予備校の概要

一人ひとりの志望校に応じたサポートが行われているところが多い

医学部の予備校は、国公立大学や難関の私立大学の受験を希望する高校生や浪人生に対して様々な形で受験までのサポートを行っています。特に、多くの受験者が苦手とする理系科目の授業内容が充実している予備校は、医学部の受験を目指す人の間で、本格的に受験対策を立てるうえで魅力的な存在としてみなされています。また、都市部においては、授業後にインターネット上で担当の教員に相談をしたり、専属のチューターに受験に関するアドバイスを聞いたりできるシステムが導入されている医学部の予備校の数が増えています。そこで、自分の学力や生活スタイルに合った予備校を選ぶにあたり、合格者の体験談を参考にしたり、体験授業を受けたりすることがおすすめです。

二次試験の面接や小論文の対策を行っているところもある

各地の医学部予備校の中でも、学力試験だけでなく、二次試験の面接や小論文などの対策を行っているところは、様々な立場の受験生の間で関心が集まっています。最近では、人格的にも優秀な医師を育成するために、医学部入試の際に人物重視の選考を行っている大学も少なくありません。そこで、受験のノウハウを習得するうえで、なるべく早い時期から志望校の合格者数の多い予備校に通って、時間を掛けて準備を始めることがおすすめです。なお、予備校によっては一般入試だけでなく推薦入試やAO入試など様々な試験に対応をしているところもあるため、入会先を決めるうえで、それぞれの予備校が得意とするサポートについて比較をしてみると良いでしょう。

医学部の現役合格を実現することは、大変難易度の高いものとなっています。何年も浪人を経て合格する人もいるなど狭き門となっています。

Copyright © . Medical School Specializing. All Rights Reserved