人の命を助けたり誰かの役に立って、みんなが笑顔で暮らせる毎日にしたいと考えて医者を目指す方も多いと思います。そんな医者を志す方々の中には、医学部の予備校に通うことを考えている方もいるのではないでしょうか。ここではそんな医学部予備校について紹介していきますね。

医学部の予備校について

医学部の予備校には、自宅で一人で勉強するだけでは得られない数多くのメリットが存在しています。それらを活用することによって医者になるという将来の夢へと、一歩近づけるようになるかもしれません。またデメリットについても触れるので、参考にしてみてください。

医学部の予備校の概要

医学部の予備校は、国公立大学や難関の私立大学の受験を希望する高校生や浪人生に対して様々な形で受験までのサポートを行っています。特に、多くの受験者が苦手とする理系科目の授業内容が充実している予備校は…

魅力がいっぱい!医学部の予備校のメリット

医師になりたいと思っても大学の医学部に合格することは大変です。ストレート合格と呼ばれる現役の高校生が合格することは勿論、何年間も浪人生活をしてやっと合格する人もいるなどその難易度は容易に想像できま…

医学部の予備校の探し方

集中して学べる!個別指導型の医学部予備校

みんなで切磋琢磨しあえる!集団指導型の医学部予備校

費用は?医学部予備校の利用料金

気を付けよう!医学部の予備校のデメリット

限定された環境による様々な負担

予備校の中には特定の学部に特化した所も多く、医学部を目指す人に最適と言われているのが医学部専門の予備校です。この医学部専門予備校は、ピンポイントで受験対策ができるなどメリットも多い反面、デメリットになる部分もいくつかあります。 その一つが限定された環境です。大手と呼ばれる予備校とは異なり、専門分野に特化した予備校は大都市圏に限られてしまうため、地方に住んでいる受験生は交通費を払って通わなくてはいけません。受験後の生活も含めて上京するという選択肢もありますが、その場合も家賃などの負担が掛かってしまいます。 また、専門予備校は1日のスケジュールが予め決められているケースが多く、自分のペースで勉強できないこともあるので注意が必要です。

授業料を含めた学費が高額になりがち

医学部専門の予備校に通う上で大きな悩みとなってしまうのが学費の高さです。予備校は学校と異なり企業が経営を行っているため、授業料を含めた学費は自由に設定できるようになっています。中でも医学部専門の予備校は、平均300~500万円と全国に支店を構える大手企業の予備校に比べて、授業料が高額に設定されているのが特徴です。自分が苦手とする分野を克服するために個別指導を受ける場合はこの授業料とは別に費用が発生します。 さらに、地方に住んでいて都市部の予備校に通う人は電車賃などの交通費、上京して一人暮らしをするのであれば家賃などの生活といった出費も考えなくてはいけません。専門予備校は質の高い勉強ができる反面、受験を終えるまでにかなりの出費を必要とする点はデメリットと言えます。

Copyright © . Medical School Specializing. All Rights Reserved